<< 凍えながらも見惚れる     すべてはちょうどいい >>